小切手印とは
2017.06.21

印を押す男性小切手印とは銀行に登録して小切手を発行する際に間違いなくその会社から発行されたということを確認するためのゴム印です。
又会社印の1つでもある為、住所・社名・代表者名が印面に載ることになります。

◆小切手専用のゴム印
基本的には小切手専用のゴム印として作られます。
住所・社名・代表者名が一般的です。
最近では直筆のサインなども組み込めるようになりオリジナリティ溢れるはんこの1つとなっています。
また書体も約40種類あるものから選べますので自分の気に入ったものを作ることが出来るでしょう。

◆小切手印の種類
小切手印にも種類があります。
通常よく販売されているのは取手のついたアクリル印が人気です。
押す際に文字が見えて押せるのではんこがずれたりする心配がありません。
もちろん木製もありますし、その他で言えば、組み合わせ印で作るというのもいいでしょう。
組み合わせ印の場合ですと自分で取り外して自由に使えるので他のところでも使えるのがいいですね。
またこの組み合わせ印に関しても木製か樹脂系統の素材かでも分けられますので好みで選ぶのもいいですし、正直なところ、木製は連結部分が緩くなりやすく何度も取り外しをしているとすぐ取れてしまうのでできれば樹脂製の方をオススメします。

◆小切手印の金額と納期は?
小切手印の気になる料金ですが、取手のついたアクリル・木製印であれば、1500円~4000円の相場で販売しています。
組み合わせ印については一段800円~からの相場となっているようです。
基本的にはんこの通販で購入した方がとても安いです。
時間に余裕があるようであればこういった通販サイトでもいいでしょう。
また納期時期に関してですが、はんこの通販サイトで購入されるようであれば基本的に2~3日で到着するところが多いですね。
ただ、もしミスがあったりすると返品してまた送ってもらってという事をしなければいけないのでその際は少しお時間がかかるでしょう。往復で一週間は見ておいた方が良いですね。
ちなみに送料はだいたいどこの通販会社も1000円以上購入で無料になっているところが多いので、送料無料になるように購入した方が更にお得感は出るでしょう。

◆まとめ
今回は小切手印についてのお話でした。
普段、会社勤めでしかも大手のところでないと滅多に小切手印なんて触れる機会は何のではないかと思います。
しかし、こういう物もあるのだと知識くらいは持っておくと社会人としてもいいでしょう。
小切手印を探す際ははんこの通販サイトをまずは覗いてみましょう。
デザインなども含め意外なお宝商品があるかもしれませんね。

▲ ページトップへ